江戸時代の伝統技法「つまみ細工」

投稿日:2015年11月12日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めて冬の気配が感じられる、とされる二十四節気のひとつ「立冬」を先日八日、過ぎました。

 

 

 

 

 

 

 

これにて暦の上ではいよいよ冬となりましたが、日中の暖かさやまだ色淡いイチョウや紅葉の葉などをみると、いまだ晩秋の気配が色濃く残っているここ大宮市です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー上は冬になったとしても「南国の唄」ではいつもと変わらず、日々様々な活動を展開しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本日行うのは「つまみ細工」。

江戸時代から伝わる伝統技法で、「羽二重(はぶたえ)」と呼ばれる織物を正方形に小さく切り、これを摘んで折りたたみ組み合わせることで様々な文様を作り出す、東京都指定の伝統工芸です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

通常はピンセットで摘んで形を作り、その部分をノリなどで接着して固定するのですが、

 

 

 

 

 

「針と糸でも同じことができるんじゃない」

 

 

 

 

 

というお客様の鶴の一声で南国の唄独自製法で作成することとなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔むかし、囲炉裏端で子どもを寝かしつけながら針仕事をしたものですよ。

 

 

 

とA様。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「田舎からこっちに移ってきてからは針を持つ機会がなかったから・・・ そうだなぁ、40年ぶりくらいに針に糸を通しましたよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

40年というとおよぞ35万400時間ですが、そんな膨大なブランクはものともせずに手つきはしっかりと、いやいや見ている間に見る見る精度が上がっています。

勘を取り戻すとはこのことか、というくらいに短期間に35万時間の過去を取り戻したA様です。

結局ほとんどお1人で作品を完成させてしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石を投げれば和裁洋裁の達人に必ず当たる、と言われているのが、昭和初期からを生きてこられた年代の方々。もちろんB様もそんなうちの1人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和裁はもちろん洋裁も学校へ行って教わって、当時は子どものおしめからよそ行きの洋服まで何でも作ったモンだよ!

 

 

 

 

 

あのころは今みたいに何でもあるわけじゃないし、なんでも自分でやらなきゃいけないから大変だったわ!

 

 

 

 

 

 

子ども全員分の靴下から手袋からセーターから、今まで飽きるほどやってきたからこれくらいなんともないよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

機関銃のような立て続けの連続口撃が繰り出される一方、

真に恐ろしいのは高速で動く口角と、ほぼ同スピードで躍動する手先です。

目に留まらないほど素早いというわけではもちろんありませんが、淀みなく一定のペースを保って機械のように正確に駆動する指先は、マシンの動きを越えた職人芸の領域です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもBさん、おしめが欲しかったらコンビニで紙おむつ買えばいいし、洋服ならユニ○ロで買えば安いじゃないですか。

 

 

 

 

おなかが空いたら回転寿司やファミレスに行けばいいし、なんならスマホでピザでも注文すれば楽ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなものは、あのころは、ねぇ!(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手の動きは一向乱れず、それでも律儀にいつもの突っ込み返してくれるB様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらでも作品つくりが佳境に入っています。

針と糸をもった瞬間、人が変わったかのように、とは陳腐な表現ですが、いささかそのような状態になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目が細まり、姿勢はやや前傾、何より雰囲気が明らかに変わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものご様子                       キリッ

( ´∀`) ノシ 針と糸        →          (`・ω・´)

 

このような具合です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それもそのはず、こちらC様は、昔に洋裁を生業としてこられた方です。

 

今日はじめて知ったはずのつまみ細工も

生まれたときから知っていたとばかりに滞りなく、製作は進みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

C様お手製のバッグに、今作ったつまみ細工をくっつけて、あっという間に一点物のオリジナルバッグが完成です。

 

 

 

 

 

 

 

洋裁やってた頃にも色々な装飾技法を勉強したけど、つまみ細工というのもいいですね。

このバッグは私用で使うけど、今度作ったらひ孫にでも持っていってあげようかな(笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に出来上がった作品と一緒に記念写真をパチリ。

 

 

 

 

 

 

 

料理もバッグも、やっぱり自分で作ったものじゃないとね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とはC様はじめお客様談ですが、個性が叫ばれる割りに、周囲を既製品の山に囲まれてそれに気がつかない、現代に毒された我々スタッフには、耳が痛いお話でした。

 

 

 

 

 

 

身に着ける洋服・・・は敷居が高いにせよ、せめて今夜の晩御飯くらいは1から作ってみようかと思った次第、

もちろん半額のお惣菜に手を出すことなどもってのほかです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このつまみ細工ですが、江戸から伝わる技法ということで様々な応用がなされ今日まで受け継がれています。

 

 

 

 

 

 

表現の可能性はそれこそ無限大ということで、南国の唄には和裁洋裁のベテランが揃っているのですから、ここはひとつ腕を振るってもらわなければもったいないこと、この上ありません。

モッタイナイお化けが大挙して南国の唄に押し寄せる前に、またその腕前を披露していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ウォーミングアップを終えた冬将軍も、そろそろ本気を出し始めてくるでしょう。

皆様もお体にはお気をつけ下さい。

 

 

 

 

 

 

それではまた!