年忘れ大忘年会!?

投稿日:2015年12月26日


ブログをご覧の皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日22日は冬至でした。

南国の唄でも柚子湯を用意し、お客様に暖まっていただきました。

江戸の銭湯がその発祥だといわれている柚子湯ですが、肩までお湯につかりながら浮かんでいる柚子をひとつ手にとって鼻に近づけてみれば、爽やかな香りが今年1年の疲れを落としてくれるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、冬至に柚子湯と季節毎の行事を今日もひとつ消化しました。

年頭からひとつひとつ季節毎のイベントを辿り、今年残すところはあとひとつ、忘年会くらいになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、お客様方に忘年会のアイディアをうかがったところ、やはり寒い季節はお鍋が食べたいというリクエストを頂きました。

 

 

 

 

 

すると今度は別のお客様より、自分は以前に居酒屋で働いていたことがあるから、ちゃんこ鍋のレシピを提供します、とのこと。

 

 

 

 

 

この後もとんとん拍子に話が進み、忘年会は皆様で鍋を囲むということで満場一致したのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよの忘年会当日。

山ほど買い込んできた素材を、まずは食べやすい大きさに切り分けます。

誰が、というのは愚問でしょう。

何せ主婦歴半世紀を悠に越える猛者が揃っているのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗ったり皮を落としたりと何気に下拵えが面倒なゴボウ。

 

 

 

「いつもは嫁が全部やってくれるから、ゴボウに触るのは久しぶり(笑)」

 

 

 

 

久しぶりと言いつつよどみない捌きで一本二本と処理されていました。

 

 

 

久しぶりにやってみると、ゴボウの皮むきも楽しいものね、と言葉通り笑顔満面のA様。

 

 

 

 

世のお嫁様方、たまにはお母様にも料理など手伝ってもらってはいかがでしょうか。

これほどの手腕を眠らせておくのはもったいないですし、なによりA様、久しぶりの料理がとても楽しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野菜のカットという工程は、皮を剥いたり切り分けたりで意外と時間がかかるものです。

例えばジャガイモ。

慣れないうちは皮を厚く剥きすぎてピンポン玉くらいの大きさまで縮小させてしまったり、

芽をほじくりだす際に包丁のどの部分を使ったらいいのか悩んだり。

故に最近は最初からカットされた野菜のセットが売られている有様です。

 

 

 

 

 

 

 

まぁ今日は主婦歴合算500年を越えるような経験値の塊のような方々が揃っておられるので、割高のカット野菜を使う必要もなく、あっというまに下拵えが終了したわけですが。

 

 

 

 

 

 

 

お肉もそのまま鍋に投入するような愚は犯しません。

一枚一枚きちんと分けて、大きかったら一口サイズに切る。

私などは面倒だとばかりに、ラップをはいだらそのままトレーを傾けてフライパンに肉を投入するようなことを、ついしてしまいますが、そうすると肉はくっついたまま火の通りも悪く、味も見た目もひとつ落ちてしまうものです。

 

皮むきさえ愛情を欠けば料理は台無しになってしまうのですね。

 

 

 

 

 

 

というわけで、愛情たっぷりの下拵えが終了しました。

鍋の材料が一堂に会している様は精悍で、見てるだけでワクワクします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてここでいよいよ、元居酒屋勤務のB様の出番です。

大きな鍋に次々素材を入れていきますが、さすが手馴れています。一切の迷いがありません。

そして最後に門外不出の調合を施したあわせ調味料を入れて、完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて今日はちゃんこ鍋のほかにもう一品。

お祝いには欠かせない握り寿司です。

 

 

 

 

 

やはり日本人に生まれ、日本で育ったからには、寿司を見てテンション上がらないはずがありません。

 

 

 

 

 

 

 

「「「おおおーー!!!」」」

 

 

 

 

 

とお客様からも歓声が挙がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、それでは早速、ちゃんこ鍋が冷めないうちに手を合わせていただくことにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様、今年1年有難うございました。

来年もよろしくお願いします。

それでは乾杯!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「「「乾杯!」」」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元本職が作ったちゃんこ鍋はやはり一味違うようで、皆さんアツアツのところをハフハフ息をつきながら召し上がっていました。

 

 

 

 

 

 

家で作る鍋とは違って、何か後引く味ですね。隠し味とかあるんですか?

 

 

 

 

 

 

そうですねぇ、ニンニクをひとかけら、そのままなべ底に入れたんですよ。これは鍋ならなんでも応用利くので、ご自宅でもやってみてください。

 

 

 

 

 

 

へぇ~、なべ底に刻まないで、っていうのがポイントね。今度やってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンガワが好きなんだけど、足が悪くてなかなか食べに行けなくて・・・

久しぶりに食べられて今日は大満足!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大なべいっぱいのちゃんこ鍋も、皆様それぞれ複数回のおかわり攻勢であっという間に空となり、

お寿司はお寿司で次々と箸がのび、大皿もすぐに空となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

あぁ、おなかいっぱい! もう何も入らない。

 

 

 

 

 

 

 

その言葉、覚えておきますよ( ̄ー ̄)ニヤリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、美味しい料理でおなかも満足したあとは

忘年会恒例のビンゴ大会で楽しんでいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最後の運試し。

年末ジャンボは現実味が薄いですが、このくらいの規模であれば一等も真剣に狙おうというものです。

目の前のカードと、スタッフが読み上げる数字とを見比べる様は、さながら狩人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャラジャラとかごを回す音と数字を読み上げる声が交互に続くことしばし・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A様ビンゴ!

一等商品はもらって嬉しい実用品、ボックスティッシュ。

 地に足が着いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 B様も次のターンで見事ビンゴ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 そこにC様、

 

 

 

 

 

 

 

 

 D様も続きます。

こちらは今回の新製品、洗って繰り返し使えるキッチンペーパー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 E様もビンゴです。

これまた実用性の非常に高い、ウェットティッシュ、主婦の強い味方です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こうなってくるとビンゴラッシュ、同時に2,3人ビンゴの声が挙がります。

E様ビンゴ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 アンドF様もビンゴ!

記念撮影のスタッフも忙しく動き回ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 大きなたなごころをお持ちのG様もビンゴ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらモダンなH様も負けじとビンゴ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 I様ビンゴ! お目当てのポインセチアが当たってニコニコです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 J様もビンゴ!甘いもの好きなJ様にはお菓子の詰め合わせです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 K様、ビンゴ! お茶目なポーズです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後にL様もビンゴで、ビンゴゲーム終了であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい料理をご馳走になったうえにプレゼントまでもらえて!

 ちょうど欲しかったものが当たるなんて、来年もいい年になりそう。

 

 

 

 

 

 

私も、ちょうどティッシュ切らしてたのよね。かさばるから買うのも大変だしありがたいわ(笑)

 

 

 

 

 

 

 

昔から園芸が好きだったから、鉢植えは一番嬉しいかも!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、実は今回のビンゴの賞品、なるべく皆様の嗜好に合うように購入させて頂いたのですが、喜んでいただけたようでよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、無事にビンゴ大会も終わり、ホッと一息ついてお茶などを一口。

すると不思議なもので、皆様あれだけふくらんでいたお腹に若干の余裕が生まれたようです。

時間もちょうどおやつどき。

最後に用意していたケーキを切りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケーキを前に記念撮影。

顔ぐらい大きい、という形容詞がありますが、顔どころか体がすっぽり隠されてしまうビッグサイズです。

小柄な人なら、ケーキの影に屈みこめば、悪人から身を隠すことができそうなほどです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

80年生きてきてこんな大きいケーキははじめてみました・・・

 

 

 

 

 

 

 

席から立ち上がり、切り分けるスタッフの周りに自然と見物の輪が出来ました。

巨大なものを切り分けるということは、それだけで一見の価値があるんですね。

マグロの解体を興味深げに見物する買い物客よろしく、ケーキの解体を固唾を呑んで見守るお客様でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

切り分けてもなお、ビッグサイズ。

16分割してようやく、顔くらい大きい、という形容詞がマッチするサイズになりました。

 目の前に配膳されるや大きいケーキね~と思わず覗き込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、味が良くなければその大きさは逆に短所となってしまいます。

祖母が聴かせてくれました。

昔のケーキはバタークリームがたっぷり使われていて、一個食べれば胸焼けがひどかったものだ・・・と。

 

はたしてお味の方はどうなのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

グー!

オイシイ!

サイコウ!

 

 

 

 

大きくてもぜんぜん大味でなくて、優しい甘さ! と皆様バクバク召し上がり、顔くらい大きなケーキもあっという間に胃の腑に納められました。

 

 

 

 

 

 

はて、つい一時間ほど前「もう何も入らない」と伺ったはずですが。

 

 

 

 

 

 

 

そんな疑問も「別バラよ」の一言でなかったことにされるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、本年最後のブログ更新となりましたが、いかがでしたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

南国の唄もお蔭様で多くのお客様にお越しいただき、今回の忘年会も盛大に執り行うことができました。ありがたいことです。

 

 

 

 

 

 

また来年もお客様にご満足いただけるよう創意工夫をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログをご覧の皆様も、一年間お付き合いいただき有難うございました。

また来年もよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、良いお年を!