今年一年の吉を呼び込む、恵方巻き作り

投稿日:2016年2月10日


ブログをごらんの皆様、こんにちは。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立春を迎え暦の上では春となりましたが、まだまだ寒さ厳しい日が続いています。

 

 

 

 

 

 


と思ったら来週から暖気が入ってきて、所によっては15度以上に気温が上昇するという予報が出たり、いややっぱり雪が降りそうだとなったりで、面白いように天候に振り回されているこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、立春の前日はもちろん節分です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南国の唄でも、ひとつ恵方巻きというものを作ってみようかという機運が高まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


関西出身のお客様には馴染み深いものの、関西以東の我々にはいまいち馴染みの薄かったこの風習。

 

 

 

 

 

 

 


全国的な普及に一役買ったのがコンビニだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


売り上げが全体的に落ち込む1,2月の新たな販促イベントとして、一説には江戸時代からあった丸かぶり寿司に目を付けた・・・という説明がwikiにおいてなされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その年の恵方を向き、まき寿司を一言もしゃべらず食べきればクリア!
実際に私はやったことがありませんが、たとえば5人家族の全員がコレを実際に行ったところを想像すると、なかなか奇妙な映像が脳裏に浮かびます。

 

 

 

 

 

 

 


ちなみに恵方は吉方とも書き、その年の干支と十干で決まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

なんのこっちゃと思われる向きもあるでしょうが、いくらか説明が込み入っていますので、ご興味がありましたらグーグル先生に伺ってみるのもよろしいかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


あらかじめスタッフより上記のようなことをざっくりお客様に説明し、恵方まきについて学んだところで、それではいよいよ実際に作って食べてみよう。

 

 

 

 

 

というわけで、以下当日の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、関西出身の方の意見により、中に巻くものはササミカツ、きゅうり、カニカマ、シーチキン、卵焼きとかなりのボリューム。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

節分というとイワシが思い浮かびますが、恵方巻きにイワシはあまり合わないんや、とこれまた地元関西の説得力あふれる意見により、間違いなくおいしいササミカツを採用しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご飯を寿司桶にあけ、寿司飯を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酢を投入する方、素早くしゃもじで混ぜる方、そして団扇でパタパタする方。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイコンタクトのみで連携するのは長年の経験がなせる業でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まるで縦パスからセンタリングをあげてボレーシュートで得点を決める日本代表のように、鮮やかな連係プレーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さて、一方こちらではカニカマを用意。
このカニカマ、日本ではカニの代用食として広く知られていますが、日本のカニカマはあまりに真に迫っているため、海外では本物のカニだと信じている方も多いと聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ワッツ?! ノットキャンサー?! オーマイガッ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信じられないゼと言わんばかりに頭を抱え文字通り仰天する外国の方を、確かに私もテレビで見た覚えがあります。ちなみに、英語は適当ですあしからず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


恵方巻きに欠かせないものといえば、きゅうり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


かっぱ巻きなどというそのものずばりの巻き寿司があるほど、きゅうりと寿司の親和性は高いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


さわやかな風味とともに、彩りも加えてくれるにくいやつ。
そして世界一栄養がない野菜としてギネス認定された悲しみをも背負っています。
(きゅうり自体にビタミンCはありますが、Cを壊す成分も含んでいるという自爆っぷりが栄養の無さに拍車をかけているようです。主な成分は水ですので、砂漠に出かける用事がある時には、一本は持って行きたいですね)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一通りの材料が出揃ったところで、いよいよ巻いていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、恵方巻きはシンプルな料理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご飯を炊き、寿司飯に仕立て、海苔を敷いた上に乗せ、具と一緒に巻けば出来上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AさまAさま、あの、いくらシンプルとはいえ、お米だけで巻くのは簡便に過ぎませんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、ああ! ごめんなさい、早く食べたい一心で、具を乗せるの忘れてた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、シンプルに素材の味を生かそうという和の発想故の調理方法ではなく、単純に忘れてたんですね、了解です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の口に入るものは自分で作る、がモットーの皆様です。
おひとりお一人、自分の幸を占う縁起物を巻いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりにやったから、忘れちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ、具をのせたはいいけど、これを縦に巻くのか横にまくのか・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ご飯のせすぎではみ出てきた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外なことに、巻き寿司というジャンルはオールラウンダーの皆様でも案外経験が薄いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


B様に至っては、危うく縦に巻きはじめようというところでスタッフより、「ちょっとまったー!」とストップ。
できないことはないでしょうが、相当な腕力が必要になるうえ、出来上がりは間違いなく恵方巻きのあるべき姿からかけ離れていることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

立派な恵方巻きの完成です。

 

 

 

 

本来ならコレを両手に持ち、恵方を向いて一言もしゃべらず黙々と食べる手はず。

 

 

 

 

 

 

関西出身の方も、恵方巻きは丸ごと食べるもんや、とおっしゃっていましたが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっぱ年取ったらあかんわ。とあっさり真ん中からぶった切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げんを担ぎたいようで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵方を向いて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすらに召し上がっていますが、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか各々が違う方向を向かれているように見えるのは、気のせいです(断言)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回かなりのボリュームの恵方巻きができあがりましたが、皆様ほとんど残さず召し上がられました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段小食の方も、この日ばかりは吉を呼び込もうと一所懸命かぶりついていました。

 

 

 

 

 

 

皆さん食べ終わると同時に

 

 

 

 

 

 

 

よかったー 黙って食べきれたわー

 

 

 

 

 

 

 

 

最後のほうでちょっとおなかが膨れてきたけど、頑張って食べました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しゃべっちゃいけないって、意外と難しいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

と堰を切ったように会話が始まったのが面白かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、これにて南国の唄のお客様に吉が舞い込むでしょう。

願わくば来年も皆様一緒に恵方を向いてかぶりつきたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今週から来週にかけて寒暖差が激しくなるという予報が出ています。なにせ、日曜日は20℃に迫り、水曜日には10℃を切るという気候の大うねり。

ブログをごらんの皆様もお体にはどうかお気をつけください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!