埼玉初! 「紙のやきもの、おりがみ陶芸」導入のお知らせ

投稿日:2014年2月7日


「紙のやきもの、おりがみ陶芸」。

 

なんとも不思議で、それでいて安らぎも覚えるような、南国の甘い風を思わせる言葉。

 

 

 

このたびデイサービス南国の唄では、作業療法の一環としておりがみ陶芸を取り入れました。

 

おりがみ陶芸とは、

特別な製法で作った「陶芸紙」を折り、鶴やヤッコなど伝統的なおりがみに仕立て、それを陶芸用の窯で焼くと、なんとそれが陶器となり、そのままの形でいつまでも手元に置いておけるというものです(この作業療法を取り入れているのは埼玉では当事業所だけです)。

 

 


誰もが子どもの頃に親しんだおりがみ。

昔を思い出し、手先を駆使することで大きな作業療法効果が期待できます。

 

また作り上げた作品は、お孫様の端午の節句に「カブト」や、

ご友人の快気祝いに「孔雀」など、他では手に入らない、

ひとつだけの真心こもった贈り物となります。

 

おりがみ陶芸体験教室も随時開催しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

皆様お誘いあわせの上お越しいただけることを、スタッフ一同心よりお待ちしております。